2017年3月29日

処方箋なしで薬を販売したとして船橋市本中山の薬局が営業停止に、期限切れの薬の販売まで

カテゴリ: ニュース
タグ: ,

船橋保健所は27日、処方箋なしで薬品を販売し、期限切れの薬品の販売も行なったとして船橋市内の薬局を19日間の営業停止処分とし、管理者の変更命令を出しました。

スポンサーリンク

ニュースの詳細

処方箋なしで薬出す 期限切れ商品も販売 船橋の薬局営業停止 (千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース

同保健所によると、同店の60代の女性店長が2015年1月から16年12月にかけて、販売するには医師の処方箋が必要な抗精神薬や降圧剤、脱毛治療薬などを家族や友人ら7人に販売。

また昨年9月から12月にかけては、使用期限が1~4カ月過ぎた抗精神薬と腸疾患薬を一般の客2人に販売していた。

アクセス 本中山

本中山にある薬局だそうです。

女性店長は、医療機関の受診が煩わしいという家族に薬を出してしまったと話しているそうですが、素人判断の薬の乱用は危険を伴いますからね。

船橋市内ではかつて2008年にも同様のケースで薬局が処分されています。

今後こういった不正が起こらないよう、努めていただきたいものですね。


この記事はお役に立てましたか?

下記のTwitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしていただくと、今後も更新情報を受け取る事ができます。

またリアルのお友達にも口コミで広めてくれると、とってもうれしいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

歯科衛生師 マネージャー

船橋つうしんとは?

船橋つうしんへようこそ!ここは普通のメディアでは取り扱わないような、地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱う千葉県船橋市のローカル情報を発信する地域情報ブログ。

船橋市民がニヤリとしちゃうネタを求めて日々更新中です!
ブログ更新通知アカウント

カテゴリ

月別アーカイブ