2019年9月24日

9/24(火)午前、白井市立七次台小学校で約30人の生徒が熱中症の症状、校庭で運動会の練習中

カテゴリ: 話題
タグ:

9/24(火)午前、白井市立七次台小学校で約30人の生徒が熱中症の症状を訴えていたことが判明しました。

事案の詳細

当時、生徒たちは校庭で運動会の練習をしていたということです。

消防によると24日午前11時20分ごろ、白井市の七次台小学校から「熱中症で10人くらいが、痙攣や呼吸が浅い」と119番通報。小学校のグラウンドでは児童が運動会の練習をしており、約30人が熱中症とみられる症状を訴えたという。いずれも意識はあるということだ。
現場では救急隊が到着し、対応を始めている。

子どもの熱中症を予防する

●水をこまめに飲ませる:子どもが喉の渇きを感じたら、自分でも水分が取れるように教えておきましょう。
●顔色や汗のかき方を十分に観察する:顔が赤い、たくさん汗をかいている場合は、深部体温が高くなっています。涼しいところでゆっくり休ませましょう。
●服装を選ぶ:子どもは自分で適切な衣服を選べません。汗や熱を放散しやすく、身体を締め付けない衣服を選び、外出時は帽子を被りましょう。
●汗は冷たいタオルでふく:汗は冷たい濡れタオルでふき、からだの表面を少し濡れた状態にしておくことで、気化熱による熱放散が起こり、体温を下げる効果が期待できます。
●日頃から暑さに慣れさせる:気温が急に上昇した時でも熱放散などの機能が働くよう、日ごろから外遊びをして「汗をかく習慣」をつけましょう。
引用:サワイ健康推進課

体育の授業中もこまめな水分補給が必要ですね。

アクセス 白井市立七次台小学校


まる
公園とお肉が好きな、まるです。子育て中のママです。船橋エリアでも肉レポがんばります!
まる
この記事はお役に立てましたか?

下記のTwitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしていただくと、今後も更新情報を受け取る事ができます。

またリアルのお友達にも口コミで広めてくれると、とってもうれしいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

船橋つうしんとは?

船橋つうしんへようこそ!ここは普通のメディアでは取り扱わないような、地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱う千葉県船橋市のローカル情報を発信する地域情報ブログ。

船橋市民がニヤリとしちゃうネタを求めて日々更新中です!
ブログ更新通知アカウント

月別アーカイブ